最強の筆アプリZen brush2!Procreateとの連携方法は?

iPad Proでお絵描き

こんにちは

今日はZen brush2という少し変わった

お絵描きアプリと、それをProcreateと

連携させることでもっと自由自在に

作品を作る方法をご紹介します。

Twitterや各種SNSで、

人と違うオリジナルアイコンを使いたい際など

味のある画像をささっと作れるので

オススメです^^

 

<目次>

1.Zen Brush2でApple Pencilのすごさを実感してみる!

2.Zen brush2とProcreateとの連携方法は?

 

1.Zen BrushでApple Pencilのすごさを実感してみる!

iPad ProとApple Pencilを手に入れたら、

まずは前述のProcreateやibisPaintなどの

有名お絵描きアプリをお勧めするのは

もちろんですが、自分は

この「ZenBrush2」もお勧めします!

なぜなら、このアプリは

iPad ProとApple Pencilのすごさを

とてもシンプルに実感できるからです^^

何度かこのブログでは

iPad ProとApple Pencilを「ペンと紙」と

例えていますが、

このアプリでは「和紙と筆」になります!

Apple Pencilを毛筆のように使い、

筆文字や筆絵を楽しめるアプリなのですが、

その書き味がまさに毛筆!!

 

墨のかすれやとめ、はらいの感じまで

ものすごくリアルに再現されます。

それだけではなく、筆圧を感知して

筆先のサイズや線の太さなども

自由自在に変わりますので、

学生時代に所属していた

書道部での感覚をリアルに思い出しました!

また、ペンの傾きももちろん

認識してくれる上に視認できる形に

表示してくれるので、

Apple Pencilの仕組みを体感するのに

とてもいいアプリだと思います^^

Procreateでももちろん筆のような

ブラシは作れますが、

やはり毛筆に特化したアプリなので、

墨の滲みや伸びなどの再現度は、

比べようもありません。

また、墨のにじみを3段階から

選択できるのですが、毛筆の乾いた感じを

表現する墨のかすれや、

反対に水をたっぷり含ませた

薄墨の滲みの広がりなども、

びっくりするほどの再現ぶりですよ。

選べる墨色は潔く黒と朱色だけなのですが、

92種類のテンプレートから

選択して変更することで、

黒字に金墨!などの高級感あふれる作品や、

紅葉柄の和紙に、朱墨で季節感あふれる

作品など様々なテイストの

墨絵を作り出すことができます。

また、このアプリの優れている点が

「Procreate」との連携です。

 

背景を透明にしたPNG形式で

Procreateに画像を持ってくることが

できるので、Zen Brush2だけでは

墨色は数色だけですが、

Procreateを使うことで、

好きな墨色にしたり、好きな背景にしたり、

作品の幅がもはや

無限大に広がるというわけなんです^^

2.Zen brush2とProcreateとの連携方法は?墨色を変えるには?

実際に、ZenBrush2で描いた筆文字や筆絵を、

Procreateに移動させる方法と、

墨色を自由に編集する方法を紹介します!

ZenBrush2だけでも十分

クリエイティブな作品はできると思いますが、

墨色がもっとたくさん選べて、

背景も自由にいじることができれば

本当に楽しみが増えますよ^^

まず、ZenBrush2で普通に

好きな絵・文字を書きます。

そしてそれをProcreateに移動させる

実際の手順ですが…

シンプルを極めたZenBrush2のメニューバーから、

①「≡」マークをタップすると「ファイル」メニューが開きますので、

②その中の「他のアプリで開く」をタップします。

③すると、ファイル形式を選択できるので「PNG(透明な背景)」を選択します。

次はいよいよ開くアプリを選択しますが、

④Procreateをインストールしていれば、ここで選択できます。

すると「Procreateに送信中」という文字が

デカデカと表示されて、消えます(笑)

これで、ZenBrush2の操作は終わりですので、

もうアプリを閉じて構いません。

次にProcreateを開くと、

ギャラリーに今描いた墨絵がサムネイルで

表示されているはずです。

タップすると、今描いたものが白い背景に

黒い墨で表示されていると思うのですが、

これは実は「背景色(白)レイヤー」と

「墨絵のレイヤー」の2つで構成されています。

 

この「墨絵のレイヤー」に対して

あれこれと編集することで、

先ほどのZenBrush2だけでは

できなかったことができるんですね^^

今回は、黒と朱色だけだった

墨色を自由に変更する方法ですが、

とても簡単です。

レイヤーメニューを開くと、今ご説明したように

二つのレイヤーで構成されているので、

①墨絵のあるレイヤーのレイヤー名の横あたりの空白をタップします。

すると、黒い吹き出しでオプションメニューが開きますので、

その中から

 ②「alphaロック」を選択。

これがどういう意味かというと、

このレイヤーの透明部分が保護されます。

つまり・・・今からこのレイヤーに対してする作業は、

自分の書いた墨絵のみに反映されます。

この状態で、好きな色にした太いブラシを

文字の上でシャッシャッと動かすと・・・

自分の書いた墨絵の色がどんどん変わっていきます^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでZenBrush2の素晴らしい毛筆ブラシを

使いつつも、

黒色・朱色だけでなく、

好きな墨の色に使うことができます。

さらに背景色も好きに変えたり、

お気に入りの写真と合わせたりすることで、

本当にオリジナリティ溢れる作品を

いくらでも作ることができますね^^

 

まとめ

今回はiPad ProとApple Pencilの

素晴らしさを実感できる

アプリ「ZenBrush2」と、

お馴染みのお絵描きアプリ「Procreate」との

連携方法とをご紹介しました^^

難しい操作はないのに

とても味のある作品を作ることができる

この筆アプリ、本当にオススメですので

作品作りに生かしていただければ幸いです!^^

今回も最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました